忘れちゃうから

趣味の記録 主に本、映画、舞台、美術、手芸(はんぶん日記)

青い花 ノヴァーリス

昔は現実を諦めてたの思い出した。

本や映画で擬似体験することでいろんな人生とか感情を味わって、それでいいかなって。

でもやっぱり体験してみると当事者にしかわからないことがたくさんあって。ここまで辛いのかとか悲しいことも含めて。それを知ってしまったからやめられなくなった。現実でもいろんな経験がしたいって欲張りになった。

 

岩波文庫が本棚にどれだけ並んでるかでその人の教養の高さがわかるって誰かが言っていたって好きな人が言っていたのをおもいだした。

 

青い花 (岩波文庫)

青い花 (岩波文庫)

 

 

 

教養という言葉で表せるものはわからないけれど、自分の中身が豊かになっていく感じ、膨らんでいく。

 

優しくなれる。

 

 

マチネの終わりに

なかなかにすきだった。

平野啓一郎さんの原作、読みたいなあ文庫出たら読もう!と思いつつ忘れてたので、映画から。

f:id:bayaderka:20191111205351j:image

何度会うかって関係ない。一言交わしただけでも惹かれるものがあるときもあるし、なんならことばを交わさなくても分かることもある。予告からはそういうメッセージが深掘りされていくのかなと思っていたけど、それだけでもなかった。

 

結構マネージャーさんの執着が印象的で昼ドラみを感じた。けど、震えるくらいの罪悪感を感じながらも、なおのこと近くにいたいと感じるくらい好きなのだと思うと素敵に見える。

二人からしたらたまったもんじゃないと思うけどさ。二人ももうちょっと確かめようよ、足掻こうよって思った。そしたらその時にうまく行っていたのかも。でも現実でも、あとちょっとの部分でうまく噛み合わないこともあるし、りあるだった。

 

石田ゆりこさん大好きなんだけどちょっと芝居がかってみえたのがやや気になった。でも相変わらず可愛らしい。こんな風な歳の重ねかたをする女性に憧れる。

 

お母さんとの会話で、お父さんは離れることで、愛情を示してくれたっていうような台詞。以前の自分だったら、自己犠牲的だったり自己満足、陶酔じゃないかなんて感じていやだなんて感じてたけど、それを受け入れるのも愛情なんだなと思えるようになってることに気づいた。以前より寛容になってる。

 

最近、いろんな作品みてると桜井ユキさんがほんとに目につく。気づいていなかったけどあとからエンドロールで気づくパターンも沢山あって本当に凄い女優さんだなと感じた。

あまり観てる人を信用してないのか、若干カメラワークがしつこいかんじもあったけど、全体を通しては静かな映画で、ラストの終わりかたも含めて好きだった。音楽も素敵だったし、いい時間だった。

イエスタデイ

結末どう持ってくるんだろうって予告みたときから気になってたんだけど、とっても良かった。

f:id:bayaderka:20191110131042j:image

イエローサブマリンの人たちが現れたとき、起承転結の転の部分がかなりダークに仕上がってそのまま下り坂コースかと思って怯えてたら全然そんなことなくて終始ハッピーモードで観れた。

 

ビートルズのいろんな曲また聴きたくなった。

そしてエドシーランってあんな感じの人だったんだってことにびっくりした。もっといけすかないザDJみたいな人だと思ってた。

ああいうネタ的な使われ方をする映画に気さくに出るタイプだと思うと好感度ばくあがりだった。

 

終始はっぴーな映画!