読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れちゃうから

趣味の記録 主に本、映画、舞台、美術、手芸(はんぶん日記)

カーリエ博物館

街中からはちょっと離れたところにある。

ここもミュージアムパスで入れる。

 

漆喰で覆われて改修された経歴から、モザイク画もフレスコ画もものすごくいい状態で残っていた。

f:id:bayaderka:20170331143550j:imagef:id:bayaderka:20170331143607j:image

f:id:bayaderka:20170331143634j:image

 

狭いけど密度が濃く、1つ1つに感動。

ちょっと遠いけど行って良かった。

 

また、ここのすぐ横にあるアシターネという、宮廷料理のレストランにも足を運んだ。

予約して行ったけど、ランチは結構空いていた。(メニューは変わらない模様)

 

f:id:bayaderka:20170331143416j:image

ロゴがチューリップで可愛い。

 

まず、アーモンドのスープ。もったりしたスープだけど、味自体は優しくて、一番好きだった。

f:id:bayaderka:20170331142900j:image

 

前菜4種盛り。ディップで、少し味が濃かった。左のはチーズ。右3つはスパイスの味がして、やや甘みもあり少し苦手だった。

f:id:bayaderka:20170331143027j:image

 

メインは羊のメロン詰。お勧めとのことで。

羊肉好きだから好きだった。ただこの周りの部分がものすごくお腹にたまる。半分くらいしか食べれなかった。

f:id:bayaderka:20170331143153j:image

 

デザート3種盛り。左のが一番好きだった。ココナッツかな?食感は全部柚餅子みたいな感じだった。

f:id:bayaderka:20170331143308j:image

 リラ安の影響もあるけど、このコースにトルコチャイ頼んで、帰りにお土産のジャムももらって4000円弱だったらお得だと思った。

 

いつもと違う体験ができて面白かった。

 

 

初恋温泉 吉田修一

温泉にまつわる短編集。

 f:id:bayaderka:20170404203509j:image

まず表題の初恋温泉。

自分が一番幸福な時間を見せたい相手にその時言ってもらいたいことってなんだろう。

重田が彩子を好きっていうか、、と言ったことに続けて話したこの表現が心に残った。

 

頑張ったね、とかはしっくりこないって重田は言ってたけど、私はそう言ってもらって嬉しかったことが思い当たった。

 

普段褒めたりしない相手が割とものすごくどん底の時に明るくケラケラわらって話してたら、ほんとすごいねって言ってくれて。その瞬間に幸福な気持ちになった。

 

男の人は自分の弱いとことかを見せたくないのかな。こちらとしては見せてくれないとちょっと寂しいのに。

だから彩子が離婚したくなった気持ちもわかる。

 

なんか不安なんだよね。

この間男友達に専業主婦は嫌なのって聞かれて、対等な関係で居られなくなるから私はやだって答えた時やや違和感があったのはこういうことかも。

 

単純に自分の存在意義がどこにあるのかわからなくなるというか。

旦那さんのためになってるとこが思い当たらないのに、自分だけ与えられてる状態にいたたまれなくなりそうというか。

 

自分が相手の輝いてるところを見てることだけで相手が喜ぶだなんて信じられないし。

 

二人の出会いから再開までのエピソードは可愛らしくて、初恋温泉っていう題名に納得できた。

 

白雪温泉は最初不気味な話だと思ったらそんなことなかった。

二人の関係性よいなあ。きちんと現実味がある。

 

初恋温泉の彩子の幸せな時間をつなぎ合わせたからって幸せとは限らないという言葉がまさかのこっちで効いてたなあ。

 

 温泉のお話が続くけど、全部雰囲気とか話の内容が全然違って、バラエティに富んでいた。

 

イスタンブール考古学博物館

遠足で来てる小学生がたくさんいた。

親日国だからか歩いてるとみんな声をかけてくれる。

 

コンニチハーワッツユアネーム!カモンカモン!って小学生たちがこっちに向かって叫んで呼んでくる。

 

寄ってくと口笛吹いてくれたりして可愛かった。

と、話が逸れた。

 

元々訪れる予定はなかったんだけど、ミュージアムパスについてたから行ってみた。

 5日間でたくさん周れる。

トルコリラ安万歳でだいぶお得。

f:id:bayaderka:20170327033908j:image

 

トプカプ宮殿の裏手側。

f:id:bayaderka:20170327034051j:image

 

f:id:bayaderka:20170327034146j:image

 基本的に像は生首だった。笑

 

猫がいたるところにいて。

石像がたくさん並んでるところにカフェなんかもあったりして面白かった。