忘れちゃうから

趣味の記録 主に本、映画、舞台、美術、手芸(はんぶん日記)

君の膵臓を食べたい

大好きだった人を思い出すから観たくなかったけど、少し落ち着いてきたから観てみた。内容的にわかってはいたけど、本当に感動した。 嘘偽りがない2人で本当に可愛い。こんな気持ちになってみたかった。その分、辛いこともたくさんあっただろうけど。 特に学…

独立記念日 原田マハ

インティペンデンスデイの改題。短編集。 出てくる人のいろんなものからの独立を描いた物語。 居住地、仕事、介護、子育て、夫婦、、、 いろんなもので悩む主人公たちがもがきつつも周囲の人の助けだったり自分が何らかの選択を下すことで視界が開ける様子が…

蜂蜜と遠雷 上下 恩田陸

最近読んだ中で一番よかった〜! 上巻だけを購入して海外旅行に出発したら、続きが気になりすぎて困ったぐらい。 蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫) 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2019/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 蜜蜂と…

キングダム

映画、キングダム。 とーっても良かった!特に前半部分が丁寧に描かれていて、漫画よりも良かったくらい。後半のさじのくだりとかは、映画から観た人には理解しにくいかもとも思ったけど派手なアクションでカバーできてた。 俳優さんたちは、もともと大好き…

paper towns

不思議で魅力的な近所の女の子に憧れて振舞わされる男の子の話。 ただそれだけじゃなく、最後には、不安定な高校生たちが等身大の自分を受容するまでの成長、その過程で芽生える友情、恋愛の素晴らしさみたいなものを感じた。 青春っていいなあ、学生時代の…

尾形光琳の燕子花図 根津美術館

なんども通りかかったり、雑誌でみたり、話題にも上ったりしつつしてたのに、中に入ったことのなかった根津美術館に行ってみた。 今回展示の燕子花図屏風なら、日本史でも習ったし、見た目的にも綺麗そうだからという単純な理由で足を運んだ。あとは、根津美…

ジョーカーゲーム 柳広司

以前、パラダイスロストを読んで面白かったからシリーズ最初のジョーカーゲームも読んでみた。 実はアニメも観ていたけど、場面の展開とか構成とか結構原作に忠実に作られている印象だった。ただ、割と流し観だったから、読んでみてあーこういうことだったの…

ちはやふる 上の句 下の句 結び

来週金曜ロードショーで結びやるってわかってるのに待ちきれず全部DVD借りてきて観てしまった。 漫画がだいすきて、読みながらなんども涙ぐんだ。上の句を観はじめたとき、広瀬すずちゃんと野村周平くん、原作とイメージと違うなあなんて思ったんだけど、途…

わかろうとはおもっているけど 贅沢貧乏

かなーりよかった。だいすき。 贅沢貧乏『わかろうとはおもっているけど』 作・演出:山田由梨出演:島田桃子 山本雅幸 田島ゆみか 大竹このみ 青山祥子 “よりよく生きるために、女は男を食べるかもしれない。すいません、いただきます。” 女と男の話に限ら…

詩季折々

中国アニメ映画三本立て。四季じゃなく詩季。 短編でいくつかの話に分かれてる系の作品ってひとつひとつの話に集中したり、共感するとこまでたどり着くのが難しいよなあって思った。 フォーの話、ご飯がとっても美味しそうでお腹すいた。フォー食べたいなあ…

異邦人 原田マハ

いりびと。やはり原田マハ。最高だなあと思った。 キュレーターの経験を存分に生かしている文章、話の構成、舞台の場所である京都のあれこれ、美術館や美術品の数々。とっても好きな作品になった。 中盤までは普通に面白い小説って感じなのに、ラストまでの…

ルーベンス展 国立西洋美術館

チケットをいただいたため、ルーベンス展 バロックの誕生 王の画家にして画家の王 へ。副題かっこいい。 ルーベンスはフランダースの犬でネロが最期に観たいと向かった、ベルギーのアントワープ大聖堂のキリスト昇架、高架を描いた画家。ルーベンス本人はネ…

東京タワー 江國香織

透に思われる詩史になりたいと強くおもった。 詩史の私は私の人生が気に入ってるの。幸福かって言われるとわからないけど、幸福かどうかはそんなに重要じゃないってすごくわかる。 彼女はとても思慮深くて自分を理解している。大人の女性ってこう言うことか…

カササギの計略

胸の中に酸性の液体を流されたような酸っぱい感覚ってどんなだろう。全体のお話とか個々のエピソードはなんとなく既視感のあるような、そんな感じがあったけど、表現が新しかったからか読み進められた。 最初は割と王道ラブストーリー感が漂い結構キツイなあ…

アジアにめざめたら 東京都国立近代美術館

近代美術は評価が難しいしなんか尖ってるものが多いから苦手なイメージだった。ちょっとしたきっかけで行くことに。 詳しくなくても解説とか充実してて面白かった。ダイレクトにフェミニズムとか戦争とか訴えかけてくる作品よりも抽象的に似合われてくる作品…

にがくてあまい

出てくる野菜料理全部美味しそうでよかった。ラブコメだけど、軽すぎずよかった。 おっさんずらぶみて、林遣都を拝みたくなり、Netflixで観た。みた理由しょうもない。笑 相変わらず美しかった。 今までげいの人を好きになったことがないからどういう気持ち…

フェルメール展 上野の森美術館

待ちに待ったフェルメール展!入場日時指定券だった割に中は混んでいたため、ゆっくり鑑賞。 今回、鑑賞したフェルメール作品は以下。 ・牛乳を注ぐ女 ・マルタとマリアの家のキリスト ・手紙を書く婦人と召使い ・ワイングラス ・手紙を書く女 ・赤い帽子の…

冷静と情熱のあいだ

竹野内豊とか椎名桔平とか篠原涼子の若い頃が観れて新鮮だった。登場人物が皆グローバルで、この頃にしては珍しいというか新鮮だったのかなあなんて思った。 原作は辻仁成と江國香織の共著。江國香織だいすきだけど、この作品は私のだいすきな雰囲気とはちょ…

リメンバーミー

題名だけ知ってた程度だったけど友達と集まった時に観た。ほっこり、安心感… でもやっぱりディズニー映画とかは一人で観るほどではないなあって感じがした。 単純明快でわかりやすい。教訓的な話が多い気がする。 本当に最近急に人生がハードモードに変わっ…

ブルージャスミン

ブルージャスミンってこんな映画だったんだ! ウディアレン監督作品のコメディ。 ポスターの感じから勝手にもう少しシリアスな感じだと想像して、公開時観たいなあと思いつつ見れていなかった作品。今ならウディアレン監督ってだけでそうは思わないんだろう…

私がクマにキレた理由

題名ふざけてるけど、テーマは家族愛とか自分の核とかって感じで、コミカルな感じの仲にも、ほっこり感がきちんとあった。 原題はポスターの通り。原作はティファニーで子育てを、らしい。 アッパーイーストサイドで暮らす超富裕層の専業主婦の代わりに、ベ…

ビューティーインサイド

とってもいい映画だった。公開された当初、王様のブランチかなんかで紹介されてて気になりつつ観れていなかった作品。Netflixにて鑑賞。韓国映画だけど、上野樹里も出ている。 朝起きると見た目が変わってしまう家具職人の男の人の話。そんな人が家具屋さん…

抱擁、あるいはライスには塩を 上下 江國香織

柳島家の三世代に渡る物語。登場人物が多いのと、年代が時系列ごとじゃないから最初はごっちゃになるかもしれない。けれども、読み進めてるとそれぞれの人物のキャラクターが際立ってきて、自然と整理されていくから、問題なかった。 周囲から見ると特異な境…

プーさんと大人になった僕

どういう層の人が観に行く映画なのかいまいちよくわからないまま、観たいという気持ちに従い、鑑賞。映画前の予告のラインナップの感じでは若めな印象だったけど、大人向けの映画な感じがした。特に仕事に疲れた大人。笑 プーさんたちのシュールさにいかに慣…

生きのびるために

アニメ映画。最初はパッケージの絵が可愛かったからという理由で、観ることに。 タリバン政権下のアフガニスタンが舞台で、生きていくために髪を切り男の子のふりをする女の子の話だった。 理不尽な世の中で、変に大人びすぎず、子供ぽさを残しながらも前に…

50回目のファーストキス

最初は思ったよりコミカルな感じの映画だなって思ったけど、もうDVD作成する流れのあたりからつらくて。なんども出会ってなんども恋をしてなんどもファーストキスをする。1日で受け入れる彼女と1日ですきにさせるだいすけは運命だと思った。 二人のことを書…

嘘を愛する女

嘘なんかじゃないと思った。 彼女と五年も暮らした男、なんにも知らなくてもすきだったんだな。彼がどんな人であるかなんて、肩書きとかではなく一緒にいた時間に現れていたと思うから。 彼が偽名で隠してることばかりだとわかったとき、彼女といて安らいだ…

おんなのこきらい

公開時、地味に気になってたのをAmazonのfireTVstick 買ったのを機に観た。携帯でAmazonプライム観てる時はあんまこういう作品観ないけどテレビでだとなんとなく観れるという。 キリコ可愛い。てゆうか、森川葵ちゃん可愛い。そして細い。小顔。 自信がある…

ためらいもイエス 山崎マキコ

厳格な母親の下、育った娘の気持ちは結構わかるなあと思った。 私の方が幾分か早くその悩みにぶち当たり、、抜け出せたけれど。ちょっとラストの方は違うよすぎやろ感あるけど小説だからしゃあなしなのかな。夢物語。 読んでいて、誰かをどうにかしたいとい…

植物図鑑

映画の植物図鑑を観た。本については今年の初め頃に感想を載せたけど、やっと映画も観れた。 一緒に観ようと思って待っていた映画をすでにその人が観てしまっているととても悲しい気持ちになる。勝手だけれど。でも思った感じと違ったからこれでよかったかも…