読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れちゃうから

趣味の記録 主に本、映画、舞台、美術、手芸(はんぶん日記)

エスメラルダ 国立モスクワ音楽劇場バレエ

ノートルダム・ド・パリ原作のジプシー、エスメラルダが主人公の物語。
ブルメイステル版は、エスメラルダの出生の秘密が加わる。

f:id:bayaderka:20150521163622j:plain

丁度私が観た回が、このエスメラルダ公演の最初でもあり、ロシア文化フェスティバルの幕開けでもあったらしい。

それで鳩山由紀夫さんが挨拶していた。
私は純粋にエスメラルダ観たくてチケット買ったから、知らなくてびっくりした。

席はS席、8列目。オケピあるけど、舞台近くて表情まで見える感じ。

最近、世界の流れ的にロシアより英国って感じだったし、
ロシアバレエっていうとボリショイのイメージ強かったけど、レベル高かった!

特に、男性の1幕の踊りとか迫力がすごかった。

エスメラルダのヴァリエーションの曲出てこなかったの少し残念だったし、初回ってこともあって、ちょとドタバタしてるとこもあったけど、それ差し引いても満足。

内容としては、もうひたすらにフェビュスめ〜って感じ。本当に勝手な男。

バレエの悲劇って、想い合ってるのに運命が二人を引き裂くみたいなの多いけど、これは違う。

物語入り込みすぎて鬱。

エスメラルダのダンサーさんもとても踊りが綺麗で演技力もあり、素敵だったから余計に。

カーテンコールの時、最初はエスメラルダ、フェビュス、婚約者で出てきてたんだけど、

エスメラルダ可哀想って気持ちが強すぎて、二人で出てきてーって願ってしまったから、二人で出てきた時謎に嬉しかった。

あとね、始まる前にごはん食べたお店の取り組みが面白かったの。


f:id:bayaderka:20150522100030j:plain

ふふふ。


バレエ観に行き続けたいから働く。
そのためにがんばる。